かに甲羅を使ったレシピ

かに料理のレシピはいろいろありますが、カニ甲羅を使ったレシピもあります。ここではその一部を紹介します。

■カニ甲羅グラタン

普通グラタンといったら当然お皿を使うわけですが、そのお皿をカニ甲羅でやってしまうという、まるでプロの料理のような技です。極端な話、甲羅だけ使って普通のグラタンを使っても、この外見だけで本格的な料理に見えます(実際、それなりにすごいスキルなのですが)。

もちろん、味もカニにした方がより美味しいので、カニグラタンとして作ります。作り方は基本普通のグラタンと同じですが、そこに入れる豚肉などの代わりに蟹肉にします。蟹肉はズワイガニの足の肉をほぐしたものを使うのが一番やりやすく美味しいです。その他、玉ねぎやマカロニなど普通のグラタンでも入れる食材をお好みで入れましょう。ただ、カニ甲羅自体は小さいので、マカロニをたくさん入れるスペースはないかも知れません。

また、カニの風味を強調するためにカニみそを適宜入れるというのもいいです。この量は人によって好みがあるので、味見をしながら調整しましょう。仕上げにとろけるチーズなどをかけるのは、普通のグラタンのレシピと同じです。

■カニの甲羅焼き

カニ甲羅の料理としては一番シンプルで一番一般的なものです。カニ甲羅の中に、カニの内子や外子、肉などをすべて入れて焼くだけですカニ甲羅グラタンでは、カニ甲羅をグラタン皿として使っていたわけですが、甲羅焼きでは、カニ甲羅をフライパンのように使っていると言ってもいいかも知れません。

作り方はシンプルで、上のようにカニ甲羅に中身を入れるだけですが、醤油やみりん、日本酒などで適当に味付けをします。それぞれかけ過ぎなければ大丈夫です。かけ過ぎると取り返しがつかなくなることがありますが、量が足りなかった分には、食べる段階で味付けをすればいいからです。なので、料理の段階では何もかけなくてもいいくらいですが、お酒だけはかけた方がいいでしょう。お酒と一緒に熱することで、カニの臭みも飛んでいき、より美味しくなるからです。

また、醤油も完成してからかけるよりも、焼いている段階でかけた方が、しょうゆが甲羅に焼け付く香りが香ばしくなるので、これも適宜かけた方がいいです。味つけが心配な場合、肉にはかけずに、わざと甲羅のみにかけるというのも手です。フライパンの料理でも使われるテクニックですね。

他にもカニ甲羅を使ったレシピはたくさんあります。ぜひチェックしてみてください。