かにみそレシピ

カニみそを使ったレシピはたくさんありますが、ここではその一部を紹介します。

■カニみそパスタ

まず定番といえるのがカニみそパスタです。パスタにもいろいろな種類がありますが、人気のパスタのどれとミックスしてもカニみそは大抵相性がいいです。

一番シンプルなものは、カニみそとパスタとオリーブオイルと塩のみを使うものです。f痛に茹でてオリーブオイルを絡めたパスタに、塩とカニみそで味をつけていただきます。さっぱりした味付けが好みという人におすすめです。低カロリーでもあるので、女性の美容にもいいかも知れません。また、仕上げに大葉などのグリーンを散らしてもいいでしょう。これだけでも大分本格的な外見になります。

■カニみそクリームパスタ

さらにもう少し凝った味付けにしたいという場合は、クリームパスタにしてみましょう。やり方はこれも一般的なクリームパスタにカニみそをかけるというスタイルです。クリームは生クリームや卵を混ぜあわせて作ります。それにオリーブオイルや塩コショウを絡めて味を整えて、仕上げにカニみそを絡めます。

特に食べる人がカニみそのパスタが初めてという場合、カニみそに抵抗があるかも知れませんから、まずはカニみそを少なめにして、普通のクリームパスタ+@というスタイルでいった方がいいでしょう。

■カニみそグラタン

カニみそはグラタンに入れるのも美味しいです。調理法はシンプルで、普通のグラタンに入れる豚肉などの肉系の食材をカニの肉に置換え、クリームの部分にカニみそを混ぜると考えればいいでしょう。

カニみそを入れると和風な味になると思っている人もいるかも知れませんが、思いの外洋風の味になります。ワインにぴったりの味と言えます。ワインが好きな人がワインパーティーを開く時のオードブルにしてもいいかも知れません。

■カニみそ鍋

かに料理の定番はやはりかに鍋ですが、これにカニみそを入れるというだけでも大分違った風味になります。ただカニの肉を入れるだけよりも、よりカニを味わっているという感じがするでしょう。小さいお子さんなど、まだ鍋に慣れていない場合は、少し抵抗を感じるかも知れませんが、大人は大抵喜ぶはずです。

作り方は特になく、鍋の汁の部分を用意するときに、調味料と同じ感覚でカニみそを混ぜるというものです。どのくらい混ぜるかはその人の好みにもよりますので、味見をしながら調整をしていただくのがいいでしょう。挑戦しながら試してみてください。