かにしゃぶレシピ

かに料理で特に人気があるものと言えばカニしゃぶがあげられます。ここではそんなカニしゃぶのレシピを紹介します。

■カニしゃぶのレシピ(作り方)

1.ダシを取る

しゃぶしゃぶに限らず鍋で煮る料理すべてに共通することですが、ダシをしっかり取る必要があります。カニと相性のいいダシは昆布なので、昆布ダシを使うようにしましょう。理想的なやり方は、まずは水に2時間から3時間つけておくということです。料理を実際に始める前からこうした仕込みをするのが、美味しい鍋ものをつくる秘訣なのです。

その後、この昆布を鍋と一緒に火にかけます。この時、鍋が沸騰する直前で昆布を取り出すようにします。沸騰しても昆布を入れていたら、美味しさが半減してしまうからです。

これらの手間は本格的な蟹しゃぶを創るには重要なことなのですが、もし面倒だと感じるようであれば、カニしゃぶ用のダシもスーパーで売っているので、それを買ってくるといいでしょう。

2.味付けをする

だし汁に味付けをします。かつおだし、薄口しょうゆ、みりんをいれます。割合はそれぞれ12、1、1程度です。さほど厳密にこだわらなくても大丈夫です。心配な場合はすべて薄めの味付けにしておきましょう。あとでいくらでも調整できるからです。

3.カニをしゃぶしゃぶにする

後は普通の豚肉などのしゃぶしゃぶと同様に、カニをしゃぶしゃぶにするだけです。この時の蟹肉の準備ですが、冷凍していたカニの場合は、半分解凍状態にしておきます。解凍状態にするにはレンジの解凍を使ってもいいのですが、、流水につけて解凍するという方法が一番自然でおいしくなります。流水につける時間は、大体5分から25分程度です。これはカニの量にもよるので一概には言えません。

こうして解凍をしますが、凍った所が一部ある方がいいでしょう。加熱する時にシャキッとするからです。後は普通のしゃぶしゃぶと同じで、一人ひとりが鍋にカニを入れて、好みの段階で引き上げます。時間は5秒から10秒程度です。

4.ポン酢などをつけて食べる

あとは普通のしゃぶしゃぶと同じように、ポン酢などの調味料につけて食べます。そして、最後は野菜を入れますが、これはカニが終わった後にしましょう。入れる野菜は春菊、ネギ、白菜などの普通のしゃぶしゃぶでもおなじみの食材です。カニの味が染み付いてより美味しくなります。

そして最後はかに雑炊にして締めるようにしましょう。ご飯を入れて煮込むだけでとても美味しくなります。